お肌の悩み
照射系リフトアップとは?

医療では癌治療に用いられているウルトラリフト(焦点式超音波)は、三次元放射線(サイバーナイフ)と言われています。
美容機器となり安全装置の付いたウルトラリフトは、従来の超音波では届かなかった脂肪と筋肉の境目にあるSMAS筋膜まで到達、刺激し、収縮させる事で お肌を土台から持ち上げ、これまでになかった驚きのリフトアップ効果と持続力が実現すると言われています。
また、皮下の繊維芽細胞を刺激しコラーゲン生産を活性化するため、施術後のお肌のハリや毛穴の収縮も実感できたという声をいただいております。
体にメスを入れることも無く、皮膚の表面を一切傷つけることなく10年前のような素肌を目指す「ウルトラリフト」は、切らない・糸を入れない・注射しない 最先端のエイジングケア方法です。

画像
従来の照射系マシンと照射系リフトアップの違い

従来のサーマクールやフラクショナル、IPLの照射パワーが到達するのは皮膚層まででした。
しかし、ウルトラリフトのシワたるみ治療マシンは外科的手法において成功の鍵を握るとされるSMAS層に到達する事ができ、さらに他の層にダメージを与えずに直接SMAS層を狙いうちできるため、リフトアップ手術と同等の効果を得る事ができます。
ウルセラやダブロといったウルトラリフトのシワたるみ治療マシンは切らないフェイスリフトとも呼ばれています。

画像
SMAS層(表在性筋膜※)とは?

肌は何層にも分かれていて皮膚の上部から、表皮層、真皮層、皮下組織層、SMAS層(表在性筋膜*筋肉の層の一部)、筋肉層の順番になります。
一般的に皮膚と呼んでいるのは、表皮層、真皮層、皮下組織層の3つになります。この皮膚よりさらに深い層にあるのがSMAS層です。
SMAS層は筋肉の層の一部でSMAS層は表皮上部から4.5mmの位置に位置します。

画像
今まで届かなかった筋膜へ
ピンポイント照射が可能に!

「ウルトラリフト」では、集束超音波という特殊な超音波をお肌に照射することにより、お肌を土台から持ち上げ、リフトアップ効果を実現しました!皮膚の表面を一切傷つけることなく、従来の超音波では届かなかった筋膜へ、ピンポイントに照射が可能に!
最新マシーンの集点式高密度超音波「ウルトラリフト」は、これまでに無かった驚きの効果と持続力が実現しました!

画像
照射系リフトアップの驚くべき効果とは。

ウルトラリフトは、1回の施術でタンパク変性により目に見えるリフトアップが可能ですが、2次効果として2週間~3週間かけて再びリフトアップしていきます。
ボディに施術しても、どんどん引き締まっていくボディラインを実感でき、超音波によって脂肪細胞そのものにアプローチして排出し、リバウンドがほとんどありませんので、お顔も同様に副作用の危険はなく小顔効果が得られます。

画像
画像
画像